ジョルジ芋のひとりごと

No.141 ジョルジ芋  リーグ戦勝てませんね… 12/04/07(土)19:19:25
ナビスコカップは2連勝と良いスタートを切っていますが
リーグ戦は未勝利のままです…
なかなかいい流れが巡ってきません。

今日の浦和戦は審判が酷すぎたので仕方ない面もあります。
PKでないのにPKを取られて、こちらのPKは見逃され
大迫の素晴らしいプレー&ゴールを何故かファールと判定。
さすがに腹が立ちました。
(ちなみに、この試合の木村主審はかなりへたくそで
 浦和に対しても意味不明のファールを取っていました)
内容がそれほど悪かったわけではないと思います。

これまでの試合も決して悪い内容ではなかったのですが
点が取れないために結果が出ない感じでした。
メンバーが変わってもボールは良く回っているので
本当にあとちょっとかみ合えばどんどん点が取れる気がします。

攻撃ももちろん立て直しというか
なにかアクションは必要だと思いますが
それよりも今日の守備はすごく気になりました。
ちょっと真ん中の守備が脆すぎましたね…
二列目から入ってきた人にセンターバックが引き出され
サイドバックも中央に絞り切れていないため
真ん中がぽっかり空いて2点決められてしまいました。
同じ形での失点は2回だけですが
同じ形のピンチやピンチになりかけた場面が多過ぎます。
昔はサイドバックがしっかり絞っていたため
サイドからのクロスでやられるとこはあっても
中央から崩されることはほとんど無かったです。
中央が空いてしまうと失点に直結するので
これはもう少し修正したほうが良い気がしました。

このところ出場している梅鉢はどんどん良くなってますね。
技術はしっかりしていて、かなり広い範囲を走ってくれるので
チームの役に立ってます。
まだ守備のとき、ポジションが甘かったり
対応が軽いことがあるので、そのあたりを改善して
本田のような働きができるようになってほしいです。
今日は出場のなかった柴崎もそうですが
ジョルジーニョ大先生監督は若い力をどんどん使って
チーム力の底上げと若返りが図られています。
今は苦しいですが、夏ごろからこの取組みの成果が表れてきますよ。
それまで結果が出ないままでは困りますけど…

これで開幕5試合勝ち無になってしまいましたが
今日だけでなくこれまでのリーグ戦は
ツキに見放されている感じの試合が多いので
こんなことでめげずに、自分たちのやり方を信じて
続けていってほしいです。
No.140 ジョルジ芋  大先生監督! 12/02/25(土)23:16:35
ジョルジーニョ大先生が監督として帰ってきました!
今日はいばらきサッカーフェスティバルの放送があったので
早速ダイヤモンド型の確認をしましたよ。

それほど違和感ないな、というのが大雑把な印象です。
青木ー小笠原・遠藤ー本山というメンバーだったこともあり
遠藤がやや前目、小笠原が下がり目のような役割に
なりやすかったからかもしれませんね。

小笠原の運動量はすごかったです。
上下の可動域が増えるからでしょうか?
動きやすかったから動けたのなら良いですが
動く必要のある形になったのだとしたら
ダイヤモンドのサイド二人は
定期的にローテーションしないと厳しいかもしれませんね。
まあ、代表の増田の動きをみると心配なさそうですけど。

新戦力のジュニーニョは、まだ連携がまだまだでしたが
個人能力の高さと、適応しようとするところは見せてくれました。
もっとスピードを活かすためには、周りの協力も必要ですね。

初先発の昌子はしっかり役割を果たしていましたね。
スピードへの対応は少し気を付けてほしい気がしましたが
しっかり対人対応できていたと思います。
鈴木隆雅は評判通り身体能力が高いですね!
全然当たり負けしないし、スピードもあるし
物怖じしないでプレーできるところが一番良いです。
彼には何かやてくれそうな期待が持てますね。
良いところを伸ばしながら成長していってほしいです。
土居も私は良かったと思います。
短い時間でしたが、積極的に仕掛けてチャンスも作りました。
野沢とは違うゲームの組立ができそうです。

途中出場の梅鉢はちょっとポジションミスや軽い対応がありました。
動き自体にキレはありましたが、ややアピールできなかった印象です。
岡本は正直、よくわからなかったです。
もう少し慣れてきてから見たいですね。
伊東も時間が短くてあまり多くを見れませんでした。
ぜひ守備やオーバーラップなど、長い時間見てみたいです。

佐々木は、今日は期待していただけに残念でした。
レンタルで経験を積んできましたが、球際の強さとか
キープ力に不満があります。
せっかく長い距離を走って競り勝ったのに
ボールはキープできない…
これではせっかくの走力に価値がなくなってしまいます。
いまのままではベンチ外だと思います。
増田のように、復帰して代表で活躍できるぐらい
成長していってほしいです。
そのぐらいの力はあるはずですから。

A代表とオリンピック代表で計5人抜けていたので
チームの状態は測れませんでしたが
新戦力や若手がたくさん見られて楽しかったです。

とりあえず当面してほしいことは
ジュニーニョの戦力化ですね。
まずは個人能力でいいので得点できる形がほしいです。
興梠の決定力は大きく改善はされていないようなので…
あとは大迫がどれだけきめられる選手になるかですね。
トップ下土居の成長にも期待したいです。

今年は戦力が大きく入れ替わって
不安な部分と楽しみな部分がありますが
私は楽しみな部分が多いと思います。
去年よりもスピード感のある攻撃がみられるのでは
と期待しています。
開幕戦が楽しみですね。
No.139 ジョルジ芋  厳しい時期です 11/04/29(金)15:27:04
開幕戦は、正直あの内容で引き分けは運がいいな
と思っていましたが、その後の震災で
環境的にもかなり厳しい状態になり
残念ながら試合のほうも厳しい状態です。
福岡戦は何とか地力で勝ち切りましたが
開幕からいきなり頑張りどころですね。

試合内容自体は、ぜんぜん悪くないと思います。
ただ、得点が取れないですね。
開幕戦も3得点、ACLのシドニーFCには3得点できましたが
もうちょっとシュートの意識は持ったほうがいいと思います。

今年に入って、去年ほど遅攻は目立ちませんが
最後の撃ってほしいところでのパスや
仕掛けてほしいところでの後ろへのパスが多すぎます。
いまの状態で、じっくりキープして圧倒するのは難しいと思うので
ダメでも前へ行くプレーをしたほうが
リスクが少ないし、チャンスも増えると思います。

興梠は今年、本当にいい動きをしていますね。
ボールをキープするための戦う意識がすごく高くなった気がします。
自身のシュートにももちろん期待したいですが
興梠がキープしたり仕掛けて作ったチャンスを
もっとダイレクトに得点に結び付けたいです。
今日も得点した大迫や、パンチ力のある遠藤、技術のある野沢に期待ですね。

柴崎が初出場。
入っていきなりイエローをもらってしまいましたが
積極的にボールに絡んでいくプレーは好感が持てます。
キープしたり繋いだりするときの
ボール扱いの巧さは素晴らしいですね。
いまは実力・経験・攻撃センスのある小笠原と
身体能力が高く現在絶好調の青木がダブルボランチを組んでいて
控えに、代表にも選ばれる危険察知能力の高い本田がいるという
かなり層の厚いポジションですが
パスサッカーを展開するなら柴崎が一番合っていると思います。
華麗なパスで相手を圧倒できるよう頑張ってほしいですね。

新戦力といえば、西も良かったです。
震災前の新井場はものすごく状態が悪くて
だんだん良くなってきたところだったため
西の先発はちょっとびっくりしましたが
いきなりの登場でもしっかりこなしてくれました。
一本シュートで終われるチャンスをパスでつぶしてしまったのは
もったいなかったですが、センスの良さは見せてくれました。
周りと意思疎通ができればもっとやれそうで、とても楽しみです。

チームが完成途上で、ホーム鹿島スタジアムも使用できないまま
リーグとACLをこなす厳しい状況は続きますが
総力戦で乗り切ってほしいです。
次は上海申花戦。
アウェーでは取りこぼしましたが、確実に勝ち点3を取っておきたいですね。
No.138 ジョルジ芋  優勝逃して… 10/11/24(水)00:01:20
勝ちきれない試合を続けている間に
名古屋に優勝されちゃいましたね。
正直、今年の内容では仕方ない気がします。
個人が決めきる力をつけないと
来年も厳しいでしょう。
当たり前ですが、得点を取らないと勝てませんからね。

やっぱり決めきる力をつけてほしい選手の筆頭は
フォワードである興梠・大迫・佐々木ですね。
特に興梠は、決定力さえつけば間違いなく代表入りだと思うので
ぜひ頑張ってほしいです。

攻撃を作る部分でいうと、中心が野沢というのは
これまで通り変わらないと思うので、問題はもう一人。
本山は、万全でも一試合全部は厳しいと思うので
個人的にはスーパーサブ的に出てきて仕事をしてほしいです。
フェリペは運動量はあるのですが、攻撃センスはダメですね。
視野の狭さ、パス精度の悪さはちょっといただけません。
ただ、それをカバーできるほどの運動量を発揮できる前半は○。
ですから、今のように前半出て後半途中から
本山や遠藤に代わるという使い方になるでしょう。
遠藤には頑張ってほしいです。
来年こそ遠藤大ブレイクの年になってほしい。

ここに絡むサイドバックはジウトン・新井場で
サポートに入るのが小笠原・中田というのは問題ないですが
少しここには新しい力が入ってきてほしいですね。
結局、短いスパンで連戦が続く5月ごろや
体力の消耗が激しい夏場にチームのパフォーマンスが落ちるのは
ここのパフォーマンスに左右されていると思います。
以前からターンオーバーをして、パフォーマンスの大きな劣化を
防いでほしいと思っているのですが
それを実現するためにも、青木以外に船山・小谷野・當間あたりが
レギュラーを脅かせるぐらい成長してほしいです。
来季は柴崎もここら辺に入ってくるのかな?

ところで、攻撃ではなくて守備のほうですが
ボランチはちょっと層に問題があると思っています。
小笠原・中田・青木とレギュラークラスが揃っていて
一見厚いように見えますが、うまくバランスを取って
読みを生かして危険の芽を摘み取れるのは中田しかいません。
(青木は結局、この能力はいまいちです…)
後ろの伊野波もそういう守備ができますが
ジウトンが上がってしまうとそちらをフォローする必要があるので
小笠原・青木のボランチだと正直怖い気がしています。
ある程度の経験も必要な能力ですから
バランスセンスのあるボランチを積極的に使って
任せられる選手を作っておきたいですね。

思いつくまま書きたいことを書いたら
最後はまるで来季の戦力分析っぽくなっちゃいました。
まだ今シーズンは終了していないですから
あと2試合しっかり勝ってほしいですね。
というか、勝ってくれないとCLの権利がなくなってしまいます。
優勝は逃しましたが、まだまだ負けられない戦いですよ!
No.137 ジョルジ芋  あいかわらず攻撃力不安 10/07/17(土)22:24:26
素直に応援できない日本代表が躍進したワールドカップも終わり
Jリーグが再開。
早速1週で2試合こなした鹿島は、みごと連勝してくれました。

しかし内容にはかなり不満というか
不安が残りました。
再開緒戦の湘南戦は、一方的に支配し続けながら結局得点は1点だけ。
前半に相手が一人退場した川崎戦は、なんとカセットプレーで勝ち越して
ぎりぎりの勝利。
どちらも、もっと楽に、確実に勝たなくてはいけない展開でした。

得点力が極端に低すぎる気がします。
入らない。
湘南戦の興梠は、ゴール前での素晴らしいプレーはありましたが
全体的にシュートの強さが足りない気がします。
大迫は、シュートのこぼれ玉に反応した決定的場面は
絶対に決めなくてはいけないところ。
いいところに顔は出してるんですが、決めきれない。
マルキーニョスの決定力・プレーの精度が落ちてきている現状で
彼ら二人が決めてくれないと勝てなくなっちゃいますよ。

でも、得点力って急に上がるものでもないと思うので
今期は耐えて耐えて使い続けて
経験を積んでもらうしかないかもしれませんね…
佐々木も含め、若手FWに早く覚醒して欲しいです。

いま鹿島で得点の可能性を感じるのは
野沢と遠藤のミドルです。
この二人はタイプが違いますが、ミドルの精度が高い。
ここをもっと活かしたいです。
鹿島得意のパス回しにもマッチしますし
ガンガン撃ってほしいです。

守備は、鉄壁とはいわないまでも
曽ヶ端・岩政・イジョンスが最後の一線を守ってくれますから
得点力さえ上げれば、あんな時間稼ぎせずとも
楽に勝てるはずです。
逆に得点力が上がらないと、後半戦は去年以上に苦しいでしょう。
チームとしては結果が出ている今のうちに
若手FWの得点が欲しいですね。
No.136 ジョルジ芋  攻撃力不安 10/03/20(土)18:50:46
2節京都戦は1−1の引き分け、3節大宮戦は1−0の勝利。
最初の3試合を2勝1分けという数字は悪くありませんが
内容にちょっと不安ありです。

開幕戦で素晴らしいゴールを決めた興梠ですが
京都戦・大宮戦は決定的チャンスを外しすぎです。
特に今日の野沢のクロスに合わせたシーンは
完全にフリーでしたし、GKも正面にいませんでしたから
確実に決めてくれないと困ります。
マルキーニョスも、今日はひとつ決定的なところで
大きな失態がありました。
相手の信じられないパスミスで、ペナルティーエリア内でフリーになったとき
プレーが遅くて相手GKにボールを取られてしまいました。
前を向いた選手に出す時間はたっぷりあったのに
判断が遅すぎました。
二人とも、良い所でチャンスに絡めていますし
守備などでもチームに貢献していますから
決して悪い出来とは思いませんが
やはりFWですからゴールにつながるプレーはしっかり決めて欲しいです。

大迫はファーストプレーでナイス得点でした。
攻めながら得点が取れない嫌な展開の中で
しっかり結果を残してくれました。
やはり良いもの持ってますね。
もう一点取るチャンスがあり、そちらはフカしてしまいましたが
今日の働きは合格点だと思います。

フェリペ・ガブリエルの怪我は心配ですね。
ハードなスケジュールの中で、攻撃的MFの層は心配です。
ただ、開始早々から途中出場した遠藤はほんとに良い選手です。
交代してもぜんぜんチームのクオリティが落ちたとは感じませんでしたし
むしろ遠藤の素晴らしいキープや仕掛けが目立ちました。
野沢ほどではないですが、決定的なチャンスメークもしてくれて
オリベイラ監督が一押しするのも頷ける内容です。
フェリペがダメなら、当面は遠藤が先発になりそうですね。
船山あたりがバックアッパーとして入れば
大きな影響は出ずに二人の復帰を待てそうです。

つぎは週中に、インドネシアのペルシプラ・ジャヤプラと対戦します。
ちょっとリーグでの得点が少ないので
レベルの落ちる相手に大量得点を奪って
点の取り方をもう一度思い出して欲しいです。
ついでに、個人的な希望を言えば
いつも出れない選手を2〜3人入れて
試合感が薄れないようにしてくれたらいいな、と思います。
大迫・船山・ジウトンあたり希望です(^_^)b
No.135 ジョルジ芋  開幕快勝 10/03/07(日)11:21:13
リーグ緒戦の浦和戦は2−0で快勝でしたね。
既にACLとゼロックスで公式戦勝利を飾っていますが
リーグも良いスタートが切れました。

開始早々の興梠のシュートは素晴らしいシュートでした。
左サイドでキープした小笠原が
ニアサイドに浮き玉のやわらかいクロスを上げたところに
走りこんだ興梠が飛び込んでスライディングボレー。
小笠原の狙いどころがまずは素晴らしかったのですが
そこへ飛び込んだ興梠のスピードと合わせた技術は見事です。
このシュートは世界でも通用するシュートです。
こういうゴールを重ねられれば、ワールドカップいけますよ!

攻撃は、マルキーニョスが自分で行き過ぎるのが目立ったのと
野沢が少し余裕を持ちすぎる場面がありましたが
かなり効果的なプレーが多く、シュートもたくさん撃てていて
とても良かったと思います。
得点は後半終わりごろのマルキーニョスのヘッドまでありませんでしたが
芋的には満足できる内容でした。
まだフェリペ・ガブリエルが効果的に絡めていない中で
これだけ出来ているのはさすがですね。

途中出場の遠藤は良い選手ですね。
技術がしっかりしていて、仕掛けるマインドも持っています。
パスやボールを運ぶ場所に、攻撃センスも感じます。
スピードを殺さないトラップと正確なクロスから
マルキーニョスへのアシストも決めました。
野沢の感覚とは違う、もう少し速いテンポの流れを作れる
どちらかというと本山に近い感じでしょうか。
大迫と共に、若手有望株として期待したいですね。

野沢は今日は決めたい場面が多数ありました。
野沢なら決まるはずのシーンが、シュートも撃てなかったり
やっぱりシーズン序盤なので、まだ試合感が足りてないのかな?
マルキーニョスは自分の得点が欲しい完がありありと感じ取れました。
最後の最後に得点できて良かったですね。
100得点まであと1点です。

守備も良かったと思います。
柏木のミドルを曽ヶ端がギリギリ触ってバーというのと
後半エジミウソンにフリーでヘッド撃たれるという
かなり危ないシーンはありましたが
空中戦もしっかり対応できていましたし
左右に振られても各選手が対応できていました。
気になるとすれば、シーズンが進んで疲れがたまってきたころに
左右に振られたとき同じように対応できるのかってところでしょうか。
ここはオリヴェイラ監督のターンオーバーに期待です。

今期も良いスタートが切れました。
4連覇と悲願のACL制覇に向けて新戦力も整えて
ここまではとても順調な感じですね。
新戦力や若手の成長など、楽しみなシーズンになりそうです。
No.134 ジョルジ芋  三連覇 09/12/06(日)22:14:59
最終戦も浦和に1-0で競り勝ち、三連覇を達成しました!
本当に素晴らしい記録だと思います。
苦しい時期があってもしっかり立て直して
最後は自力で決めてくれました。

この試合自体は、安心できる内容ではありませんでした。
前半はいいリズムで攻めていて
かなり決定的なチャンスがあったにもかかわらず
オフサイドなどで得点になりませんでした。
いつもは守備でバランスを取っている中田も
何度か攻め上がりを見せていましたが得点にはならず。
野沢は今日も切れていましたが
最後のシュートに甘さがありましたね。

それでも後半、内田がGKとDFの間にアーリークロスを送り
興梠が頭で合わせて先制。
このところ興梠はFWらしい得点が多いですね。
もともと走力や技術は良いものを持っているものの
シュートが物足りないという印象でしたが
ここ最近のゴールは素晴らしいゴールばかり。
今シーズン前半のゴールの質とは明らかに違います。
ついに覚醒したか?!
覚醒してくれれば、鹿島にとっても日本代表にとっても
かなり大きいですよ。

ただ、その後は浦和の猛攻にあい防戦一方。
特にポンテが入ってからの浦和の攻撃には
かなりヒヤヒヤさせられました。
ペナルティーエリア内で野沢の手に当たったときはさすがに焦った。
故意ではなくとも、あれは取られても全然おかしくないです。
闘莉王のヘッドも怖さ満点でした。
田中達也は、良い動きしますが最後の仕事が下手ですね。
シュートとかラストパスとか、全然怖さがありません。
彼はアンパイでした。

エクスデロも出てきて前線が活性化した浦和の攻撃は脅威でしたが
それでも何とか守りきって勝点3を挙げたのが素晴らしい。
もちろん、運もあったとは思いますが
メンタリティの強さをみせてくれたことが嬉しかったです。
何より、結果が必要な場面で結果が残せるのが
鹿島伝統の一番の強さだと思っていますから。

これで見事にJリーグ史上初の三連覇を成し遂げました。
今シーズン、79年組の働きは本当に偉大でしたね。
1年間チームを鼓舞しつづけた小笠原。
一年間ゴールマウスを守りつづけた曽ヶ端。
かなりのハードワークをこなして前線の潤滑油となる本山。
そして、終盤の危機的状況をバランス感覚で救った中田。
柳沢と79年組は、個人的に思い入れが深いので
今シーズンの終盤の快進撃は本当に嬉しかった。
既に30歳となったこの世代に頼りきりではいけませんが
でもこの世代にはまだまだ頑張ってほしいと思っています。
さらに増田が野沢に並ぶぐらい成長して
青木がもうちょっとバランスを取れるようになって
大迫がゴール前での決定的プレーの質を高めて
そして、来年こそはACLも獲りたいですね!
もちろん79年組中心のメンバーで、ね。(超個人的希望)
No.133 ジョルジ芋  快勝! 09/11/29(日)14:48:13
3位のガンバ大阪に5-1の快勝でしたね。
優勝争いをしている相手に価値がある勝利です。

前半は、最初の数分だけ鹿島のペースでしたが
その後はほとんどガンバ寄りの展開が多く
危ないと感じる場面が多かった気がします。
しかし、後半に入ってゲームが動き始めると
素晴らしい攻撃が何度も魅られました。
中田が散らして、小笠原が絡んで
両サイドと中央のパスが巧く繋がって
FWに良いボールが供給されるという
理想的な攻撃ができていたと思います。
時々ミスもありましたが、攻撃は魅ていて楽しかったです。

小笠原のパスを受けた興梠の先制ゴールは
中央右から相手DFをフェイントで交わして
逆サイドのサイドネットへ蹴り込むFWらしいゴールでした。
私の中では、柏戦の切り返しゴールに次ぐ興梠ベスト2です。
野沢の2点目は、こぼれ球に反応して冷静に逆サイドへループシュート。
ホントこういうシュートは巧いですね。
野沢はさらに試合を決定付ける興梠の3点目のアシストや
ダニーロの駄目押しのアシストなど、得点に多く絡んでいました。
田代はだいぶ前節外しちゃってましたが
今回は決めてくれましたね。
ダニーロもおまけのヘッド一発。
ちょっと蚊帳の外感があったのはマルキーニョスで
前半はかなり強引にシュートを撃っていましたが
さすがに可能性は薄かったです。
後半は流れの中で周りを使ったりできていましたが
本人はもっと得点に絡みたかったでしょうね。

後半の攻撃は、もうまとめて書かないと書ききれないぐらい
いろいろと楽しく魅れたのですが
守備は少々怖さがありました。
中田がボランチに入って以降は、守備のバランスが崩れることは無かったし
この試合もバランスを崩したわけではないのですが
ペドロジュニオールに一本入れられると確実にキープされて
二人掛りでも奪えず、人数は揃っているのに
ゴールエリア付近でパスを回されることが数多くありました。
2-0になってから1点返されたのも同様で
人はいるのに回されたため二川につききれずにゴールを許しました。
そのゴール以外にも危ない場面が何度もあり
少し間違えば打ち合いになっていた可能性があります。
岩政は一度、当たりに行って一発で交わされ
大ピンチになりかけたプレーがありました。
以降は気をつけていたように思えますが
そのせいかルーカスやペドロジュニオールに負けていた感がありました。
上を目指すなら、あの二人からでもボール奪取できて欲しいです。

実質は3-1までがこの試合のポイントでしたが
2点先制した直後に1点返されたものの
また勝ち越しを奪った展開は良かったです。
ここへ来て強さは完全に戻ったと思っていいと思いますよ。
マルキーニョスと内田の怪我が心配ですが
いまなら代わりに出た選手で結果を残せると思います。
最後の浦和戦、勝って優勝・三連覇を決めたいですね。
No.132 ジョルジ芋  危なげなく勝利 09/11/08(日)17:31:43
山形に2−0での勝利。
全く攻められることが無い完全勝利と言っていいかもしれませんね。

シュートって撃たれたんでしょうか?
もちろん、明治大学に0−3で負けた山形ってのが大きな要因ですが
それにしても守備の意識は高かったと思います。
囲い込むスピードが速いし、小笠原と伊野波の運動量もあったし
岩政もしっかり対応できていたし、中田の読みも良かった。
おかげで90分、自分達のペースで試合を運べた感じです。

興梠は2試合連続ゴールですね。
小笠原の3人交わしてのスルーパスが見事でしたが
興梠のスピードもさすが。
2点目のPKも興梠の動き出しによるものでしたし
2点以外にもマルキーニョスとの関係でチャンスを作れていました。
これは再逆転優勝へ心強いです。

これでほぼ完全復調とみていいような気もしますが
気になる部分はあります。
これだけ自分達でキープして攻めながら
シュートチャンスがそれほど多くなかったことです。
もちろん、余裕もありましたから
リスクを犯さず攻めていた部分もあると思いますが
それにしてももう少しシュートを撃ちたかった気がします。
得点は、まあ2点でも悪くないと思うのですが
自分達の時間でシュートチャンスを数多く創れないと
拮抗した試合を落としかねません。
残り3試合なので、調子の上がってきた興梠の
決定力を当てにするのもいいですが
野沢・本山がシュートチャンスを迎えるような展開もみたかったです。

残り試合、全部勝っても優勝できるとは限りませんが
勝たないとチャンスは無いですからね。
守備は中田のおかげでかなり安定していますから
連勝の鍵は攻撃だと思います。
自分達の流れをチャンスにつなげて、チャンスをしっかり決めて
5連勝でリーグを終えたいですね。
No.131 ジョルジ芋  久々のリーグ戦勝利 09/10/24(土)21:59:38
市原千葉相手に3−0の快勝。
久しぶりの勝利はうれしいですね。

まずは小笠原・中田・本山の中盤が魅れて嬉しかったです。
やっぱり中田が入るとバランスがいいですね。
開始いきなり大ピンチがありましたが
その後は守備にも安定感があり、ボールもよく回って
良い流れが作れていました。
青木は足も速くて対人に強くて良い選手なんですが
カバーリングやバランス調整があまり得意ではないみたいで…
少なくとも今は中田・小笠原でダブルボランチを組むべきでしょうね。

興梠はナイスシュートでした。
斜め後ろから来たスルーパスに走り込んで
GKの前で巧くコースを変えました。
その前の小笠原のパスカット&スルーパスも素晴らしかった。
ショートカウンターが見事に決まった感じです。
興梠は2点目のマルキーニョスへのクロスも見事でした。
巧くキープして足技で交わし、見事なお膳立てをして
マルキーニョスは流し込むだけでした。
田代の今季初ゴールも嬉しかったです。
相手の中後にカットされかけたボールが目の前に転がる幸運もあり
前に出てくるGKの上を、冷静に浮かせて決めました。

攻撃はこれ以外にもたくさんチャンスがあったので
できればもう少し確実に決めて点差を広げたかったですが
あまり勝ちすぎても気が緩むといけないので
このぐらいでよしとしましょう。
ただ、市原千葉の決定力の無さに助けられた部分もあります。
前半2分の決定的ピンチで決められていれば
違った展開になったでしょうし
FKから曽ヶ端ナイスセーブ2連発もありました。
確実に鹿島の調子は戻ってきていますが
まだまだ気が抜けない状態だと思います。

でも、まずひとつ勝ってトンネルを抜けたのは大きいです。
このまま調子を上げて連勝でシーズンを終えたいですね。
2連覇中のチームの底力をここで見せて欲しいです。

※ちなみに得点者予想は大外れ^^;
No.130 ジョルジ芋  もうそろそろか? 09/10/22(木)00:18:28
なかなか点が取れずに磐田に0-0の引分け。
でも、中断していた川崎戦あたりから
勝てそうな流れが来始めている気がします。

この試合ではついに新しい試みをしてくれました。
小笠原を一列前に上げて中田がボランチで先発。
やっぱり読みが良くカバーリングができる人が入ると
守備の安心感は増しますね。
でも、ボールの回りが悪くて磐田の攻撃が長かったです。
それほど危険を感じることは無かったですが
得点のチャンスも感じませんでした。

しかし、増田とダニーロが入って
小笠原が中田とダブルボランチを組んでから
急激にリズムが変わりましたね。
小笠原の攻撃力と中田のバランス感覚は
すごく合っていると思います。
前半に比べて自由にプレーできる小笠原のコントロールに加えて
途中出場の増田がかなり頑張って走ってかき回してくれたので
攻撃のリズムがものすごく良くて、魅ていて楽しかったです。

最後の決め手が甘く、得点は取れませんでしたが
ここ最近の攻めつつ点が取れない時よりも
得点に近い感じが伝わってきました。
たぶん、もうちょいです。

青木には申し訳ないですが
次もできたら中田先発で、小笠原と組んでほしいです。
本山も先発してくれればなお嬉しいかな。
久々にこの3人の中盤を見てみたいです(^^)ノ

ついに勝点で追い抜かれて
追いかける立場になりました。
でも、調子は戻りつつあるように感じますので
状況は悪くないと思います。
まずは一つ勝って連敗を脱出することですね。
次こそ得点して連敗脱出お願いしますよ!


※勝手に次節の得点予想
 ◎野沢
 ○本山
 ▲大迫
No.129 ジョルジ芋  これはひどい^^; 09/09/26(土)20:45:12
名古屋戦は1−4の敗戦。
失点がひどすぎますね。
集中力の欠けたプレーが多く見られて残念です。

まず最初の失点が、完全にやられてます。
アーリークロス一本なんですが、ケネディに落とされて別の選手がシュート。
一本目のシュートを曽ヶ端はよく止めましたが
止めたボールをケネディに詰められました。
さらにこの日は、その後のプレーが冴えなかった気がします。
これまでは負けていても内容は悪くなかったのに
この日はいつものようにキープできていないように思いました。

2失点目が決定的に効きましたね。
曽ヶ端があんなミスをするとは…
チーム全体の「今日もまたか」な雰囲気が伝染しちゃったんでしょうか?
ここからさらにガックリきたようで、集中力に欠けるようなプレーが
だんだん出てきてしまいました。
小笠原、パスミス多かった気がします。
これまでのような玉際の強さも見られませんでした。
内田も集中力を保てていなかったように思いました。
簡単なトラップをミスしたり誰もいないところへパスしたり
4点目は完全に相手へパスしちゃってました…

内容も伴わずにこれだけ悪い内容になってくると
少し大きなショックが必要かもしれません。
たとえば、思い切って小笠原を休ませるとか。
中田がいるんですから、大幅戦力ダウンにはならないはず。

マルキーニョスを外すのもありだと思います。
フィニッシュを彼に頼りすぎているような気がしますね。
マルキーニョスと野沢以外はシュートを撃つ気がないんじゃないかとすら思います。
でも、マルキーニョスがピッチにいなければ
他の人がもっとシュートの意識を持つかもしれません。

また、田代を先発で使って高さを活かすのも
今までとは違う攻撃パターンで攻められるので
何かのきっかけをつかめるかもしれません。
毎回必ず、勝っていても負けていても遅攻という現状を
破ったほうが良いと思いますしね。

選手起用で個人的に一番のお勧めは朴です。
新井場はいい働きもしていると思いますが
結果につながるところまで出来ていないのも事実で
だったら玉際で戦える朴のほうが
現状の重い雰囲気を跳ね返すようなプレーを
してくれる可能性が高いと思うからです。

とまあ、負けた鬱憤もあって勝手なことを書き連ねましたが
まだまだ鹿島が首位です!
次から勝ち続ければ、まだ自力で優勝なんです。
数試合負けたからって、これまでの結果がなくなるわけじゃない。
わずかですが優勝に一番近いところにいる訳ですから
落ち込みすぎずに、修正できるところを修正して
残り試合を勝っていけるよう心も再調整してほしいですね。
No.128 ジョルジ芋  なかなか調子が戻りませんね 09/09/21(月)13:59:17
横浜戦も1−2で敗戦。
なかなか結果が出ないです…。
相変わらず攻めているのに点が取れません。

この日も1失点目は完全にやられました。
戻りながらクロスへ対応するのは難しいですが
完全にフリーになってましたね。
カウンターのときでも、何とかもう少し競れるようにしたいです。

ただ、直後に素晴らしいパス回しから相手を崩して
小笠原のゴールが決まって、今日は違うぞ!と思いました。
しかし、その後は攻めながら追加点が奪えず
逆に勝ち越し点を奪われてしまいました。

2失点目は岩政がブロックしたボールが不運な場所に
飛んでしまっただけで、あれはあれで仕方ないです。
やっぱり点が取れないのが痛いですね。
ダニーロの調子がよく、ボールが前で収まっていて
左から新井場もうまくチャンスに絡んでいたのですが
最後のシュートが決まらない。
数多くのシュートチャンスが回ってきた野沢に
ひとつ決めて欲しかったですね。
マルキーニョスも決定的なフリーのヘッドを外してしまいました。
残念。

興梠は自分で勝負を仕掛ける場面があったのは良かったと思います。
そのときは失敗してしまいましたが
やはり勝負を仕掛けないと相手に脅威を与えられません。
毎回勝負では困りますが、もう少し勝負していいと思いますよ。
あと、あれだけ攻める展開なのに
FWの興梠がシュートチャンスが少なかった思います
そのときの展開にもよりますが、スピードを活かした
ニアサイドの飛込みなど増やしてもいいと思います。

ところで、中田は渋く良い仕事してたと思います。
青木もよく頑張っているのですが、やっぱり読みとかカバーリングは
中田が一枚か二枚上手な気がします。
青木にはずっとこの辺のところもっと頑張って欲しいんですが…

決定力って、どうやったら高められるんでしょう???
いまのところ他チームの不甲斐なさもあり
まだ少しだけ余裕がある状況ですが
さすがにこのままだとすぐに抜かれてしまいます。
ゴール付近までの攻めはまったく問題ないと思いますので
ゴール前での勝負と、チャンスのときのシュートを
増やしていくしかないと思います。
はやく立ち直って王者らしい戦いをして欲しいですね。
No.127 ジョルジ芋  いやよかった 09/09/15(火)22:13:05
川崎戦は、1−3の後半29分で中断してしまい
どうなることかと思いましたが、そのままの点数で
後半29分から再開することが決まったそうで、安心しました。
この試合を1からやり直すなんてことになったら
優勝しても価値が下がってしまうと思います。
20分だけのために1日試合が増えるのは
選手にはきついかもしれませんけどね^^;

大宮戦に続き、ここ2試合連続で3失点もしちゃってますね。
一部は不運なゴールもありましたが
ほぼ実力で取られた失点で、ちょっと残念です。
川崎戦の3失点を足しても、まだリーグの最小失点なのですが
ここまでの結果は守備が堅かったというよりは
相手が外してくれたためという部分もあったりするので
残念とは思いますが、びっくりはしていないです。
最近は岩政の空中戦は以前に比べてかなり跳ね返せていると思いますが
突っかけてこられたときに、後ろから走りこむ人への対応などの
マークのずれを修正しきれずフリーでやられるのが気になります。
本山がいたときは、守備は軽いながらも良いポジションに帰っていましたが
今は少し、危険なポジションの人数が足りずに
守備に負担がかかっているのかもしれませんね。

だいぶ失点は増えましたが、守備がそれほど悪いとは思っていません。
それよりも、チャンスで外しすぎている攻撃が
もう少し頑張らないとまずいと思います。
一時期はよく決めていた興梠・野沢が
フリーのチャンスで決め切れていないです。
外しているのは二人だけではないですが
実力的にはやっぱりこの二人にもっと頑張って欲しい。
やっぱり決めてくれるのがマルキーニョスだけでは
これまでのように勝ちきるのが難しくなると思います。
なんせ独走状態で、すべてのチームが鹿島戦は
とくべつ気合が入った状態で望んでくるはずですからね。
チャンスは作れているし、実際決定的なチャンスも
決して少なくないと思います。
あとは決めるだけ。
難しい問題ですが、なんとか決定力を高めて欲しいです。

中断になった川崎戦は、同じ点差、同じ時間から再開ですが
間を空けて仕切りなおしになるというのは
そこまでの流れをリセットできるという意味で
鹿島にとってはやっぱり有利だと思います。
再開試合までもリーグ戦は続いていますから準備は大変ですが
このチャンスを活かして、なんとか引分け以上に持ち込みたいですね。
No.126 ジョルジ芋  久々快勝 09/08/23(日)21:38:37
前節の神戸戦は元気ない感じで0−1と敗れてしまいましたが
FC東京戦は気分のいい勝ち方でしたね。
最近低迷気味だったチームに、これで勢いが戻ってきてほしいです。

前節は、大岩が久々のせいか流れに乗れずに
いきなりの失点でリズムを崩しました。
攻撃でもマルキーニョスがいなかったため
いつもよりもエンジンのかかりが遅くなっていましたが
今日の試合は前半からしっかり鹿島のリズムでできました。

先制点は新井場の折り返しをダニーロが押し込みました。
ジャストミートはしませんでしたが
良いコースに転がりましたね。
新井場は切れていました。
今シーズンはずっと朴に先発を奪われていましたが
最近出ることが多くなってきてリズムも出てきた感じです。
もう一人切れ切れだったのは野沢。
高い技術と素晴らしいセンスで
完全に鹿島の攻撃を作っていました。
とにかくピタリと止まるトラップと
相手の意表をつくパスの狙いどころが絶妙です。
GKに弾かれポストに直撃したシュートもパンチ力十分でしたし
得点はなくても私の中では今日のMVPです。

マルキーニョスは相変わらずの存在感で
見事なループシュートも決めてくれました。
曽ヶ端のクリアがGKとDFのいいところに行きましたが
常に狙っていないとあれを物にすることはできません。
さすがの嗅覚です。
こういう感覚を興梠にももっと持って欲しいですね。
良いプレーはしていますが、得点に絡めていないのはマイナスで
今の感じでは来年のワールドカップ選出は微妙ですよ。
大迫は久しぶりのゴール。
マルキーニョスのシュートのこぼれ玉をしっかり押し込みました。
ボールを持って背負ったDFを抜くときの反転や
トラップでDFを抜くプレーなど素晴らしいです。
左サイドで巧いトラップからGKと1対1になった場面で決められれば
なお良かったですね。
でも、しっかり必要なプレーができていると思います。

守備は少し危ない場面も多かったと思います。
クロスから崩されている場面は何度かありました。
シュートミスに助けられていましたが
もう少し人を捕まえておくか、スペースをケアしないと
余裕のはずの試合をひっくり返されかねないです。
とりあえず今日は、好調石川直が復帰してなくて良かった。

このところ得点が少なくて苦労していましたが
3点取れたのは良かったと思います。
苦しいときに一番役に立つ能力は決定力。
前節も、元気ない内容でしたがチャンスはしっかりありましたから
決めていれば負けずにすんでいたんです。
決めるべきときに決める力をつけて欲しいですね。
ACLやその先を目指すためにも
必須の能力になるはずです。
No.125 ジョルジ芋  厳しい時期です 09/08/02(日)19:24:05
なかなか勝てませんね…。
いまはモチベーションや疲れで厳しい時期なんだと思います。
踏ん張りどころですね。

前半最初からの鹿島の時間帯で先制点が欲しかったですね。
野沢のクロスやマルキーニョスのヘッドなどあと一歩まではいきましたが
決めきることができませんでした。
ストヤノフがすごく利いてました。
失点は、CBの真ん中を突くスルーパスのお手本のようなプレー。
あれに付いていくのは難しいですね。
それよりも、エリア付近の危険な場所で
ボールをかなり回されたほうが気になります。
速いパス回しでしたがもう少し頑張りたいところです。
最近かなりインターセプトができるようになってきた
青木のもうひと頑張りに期待したいですね。

大迫と佐々木のダブル投入がありましたが
あまりプレー回数は多くありませんでした。
それでも大迫は一つ崩しとヘディングシュート一本がありました。
ヘッドは決めたかったですが、しっかり自分の力は発揮してくれますね。
佐々木は、スペースが無さ過ぎてちょっとやり辛かったと思います。
でもひとつぐらいチャレンジするプレーがあっても良かったかも。
少なくとも私は、膠着した状況を個人で打破するか
打破できないまでもチャレンジして流れを変えるようなプレーを期待してました。

やはりキツい日程でやっている上に
AFCに続きナビスコでも負けてしまったという
精神的疲れもあるんじゃないでしょうか。
一年を通してベストコンディションということはないですから
こういう時期があるのは仕方ないです。
体力的には不利な日程を戦ってきてますから
気持ちで負けたら絶対ダメだと思います。
特に攻撃時のあと一歩やチャンスのときのチェイシングを
きつくても頑張ってほしいですね。
No.124 ジョルジ芋  良い試合でした 09/07/07(火)21:09:58
川崎との頂上決戦を引き分けて首位キープ。
結果以上に価値のある試合だったと思います。

内田への判定は残念でした。
ファインプレーだったようにみえましたが…
ハンドの判定で一発レッド+PKとなり
かなり不利な状況になってしまいました。

しかし、そこから本山を右サイドに置いて
守備的にならずに互角に渡り合えたのは
とても良かったと思います。
得点を獲りに行く必要があったとはいえ
勇気ある決断ですよね。
本山はかなりの距離を走って攻めにも絡んでいましたし
小笠原も青木も精力的に動いて
数的不利を感じさせませんでした。

同点弾はマルキーニョスの素晴らしいインターセプトから。
弱すぎてパスミスとなったボールをかっさらい
ゴール前まで持ち込みフリーの興梠へ。
興梠が落ち着いてキーパーを交わして決めました。
マルキーニョスはいいところ狙っていますね。
さらに、以前の彼なら無理にでも自分で撃っていたところでしょうが
興梠にパスしたというのが素晴らしい。
去年よりゴール数は少ないですが
貢献度は去年並みかそれ以上と思います。

同点になってからも守備的にはならずに
攻めたのも良かったと思います。
さすがに圧倒でいるほどではありませんでしたが
川崎の攻撃力を発揮させない程度には
押し込むことができたと思います。
全員の気迫が伝わってくるような内容で
Jではなかなか魅られないぐらい緊張感がありました。

負けてもおかしくない試合を追いつき引き分けて
首位をがっちりキープです。
こういう試合を落とさないのは大切なことですね。
でも欲を言えば、勝ち越す決定力もほしい。
ACLは勝ち越せなかったからPKで負けたとも言えますから。
そして、勝ち越すだけの力を持った選手も
揃っているはずですからね。
No.123 ジョルジ芋  連勝ですね 09/07/02(木)22:11:29
リーグの前に、AFCは残念でした。
正直、負けると思っていませんでした。
小笠原の退場があったとはいえ
鹿島なら守り切ってほしかったです。
いつもリーグでやっている最後の守りが
大事な場面で活かされなかった…
これは今の鹿島の弱さとしてしっかり受け止めるべきでしょう。
ほんと残念。

リーグは連勝ですね。
大分には見事な逆転勝ち。
小笠原の同点ボレーはお見事でした。
野沢のクロスも絶妙でしたが
あのボールをしっかり蹴り込む技術はさすがです。
岩政の逆転ゴールは、ラッキーなこぼれ玉に
よく反応しましたね。
しかし、それよりも岩政は守備が良かったと思いました。
全盛期ではないものの、体の使い方などがうまいウェズレイに
しっかり対応して仕事をさせませんでした。
このところ、クロスへの対応も良くなってきている気がしますし
今のパフォーマンスなら代表もいけるかもしれません。
高さでは中澤・トゥーリオに勝る、と言い切れないので
それ以外の強さと巧さをアピールしたいですね。

名古屋は、なんだか元気がなかったですね。
かなり楽にボールを回せたので
守備も攻撃も、やりたいようにできた感じです。
これまでは、楽な試合のはずなのに
点が入らずギリギリの展開になったりしたのですが
この日はさすがに大量点でしたね。
やっぱり自分達のリズムでできる試合では
このぐらい点も取りたいです。
興梠の得点は本山のプレーでほぼ決まりでしたね。
二人のスルーから産まれた野沢のゴールは
ここまで余裕のある試合じゃないとできません(^_^;
が、魅ていて楽しいゴールでした。
マルキーニョスもしっかり決定力を魅せてくれましたし
攻撃は文句なしですね。
守備では少し曽ヶ端が忙しかったので
もう少し厳しく守っても良かったかな、と思いました。

あの名古屋が勝ち残って鹿島が負けてしまったのは
ほんとにほんとに残念ですが
その悔しさは国内の試合で晴らすしかないですね。
リーグで活躍して代表に選ばれて、対外経験を積んで
自分自身も鹿島ももっと強くなれるよう頑張ってほしいです。
No.122 ジョルジ芋  まずは確実に勝利 09/06/22(月)22:05:33
中断明け初戦は、磐田に1−0で勝ちました。
かなり自分たちのリズムでできた試合だったので
もう少し点が取れると思ったのですが
なかなか点は入らないもんですね。

興梠は、代表帰りでいい仕事してくれました。
あのタイミングをしっかり詰めているのはさすがです。
が、この得点はやっぱり野沢の功績が大きいですね。
マルキーニョスのタイミングのいいパスから
サイドをえぐってキーパーの取れない素晴らしいセンタリング。
その後あった興梠からのお返しパスは吹かしてしまいましたが
後半あった大迫への1点もののパスといい
試合を通していいパフォーマンスだったと思います。
大迫はあれ決めたかったですね…

バースデーの本山もセンスある展開を創っていました。
顔を切って早めに下がっちゃったのは残念でした。
朴もものすごい勢いで走って攻守に貢献していましたし
代表帰り組みの内田も鋭い攻撃に何度も参加していました。
それでも得点は1点だけ。
内容は面白かったので大きな不満はないですが
少々物足りなさは感じました。

やはり強いチームなら、自分達の時間に
もっと得点を取って突き放したいですね。
1点差ゲームを続けていくのも強さのうちだとは思いますが
1点では事故やワンミスで追いつかれちゃいます。
拮抗した試合なら1点差で勝つのは素晴らしいことだと思いますが
勝っていて、さらに自分達のリズムでできているときは
追加点を取れるチームになってほしいです。

少し不満を持ちつつも、勝利という結果には満足です。
今できることを確実にこなしつつ
さらに強さを上乗せしていって、今年こそは
アジアを制するチームになってほしいものです(^_^)

全141件中1件〜20件を表示しています。 次の20件 最新投稿