石井 正忠Ishii Masatada
選手
1989 NTT関東
1991 住友金属
1992 鹿島アントラーズ
1998 アビスパ福岡
 
フィジコ
2002 鹿島アントラーズ

NTT関東(現在の大宮アルディージャ)から住友金属に移籍、J開幕前にレギュラーに抜擢されて以来、アントラーズを支えてきたベテランプレイヤー。GK以外はどのポジションでもこなせる器用さでチームの好不調に関わらず安定したプレーを見せた。アビスパでプレーヤーとしての幕を閉じ、アントラーズには指導者として復帰している。人柄から人望も厚く、アントラーズはまた一人すばらしい指導者を手に入れた。フリークスに連載されていた「石井キャプテンのひとりごと」は引退と共に最終回を迎えたが、2002年6月号より「石井コーチのひとりごと」として復活。鹿サポにとって興味深いコラムが復活した。
ポジションMF:ユーティリティ
生年月日(年齢)1967年02月01日(51)
身長・体重175cm・69kg
血液型B型
利き足/スパイク右/Mizuno
出身地千葉県市原市
出身校市原緑高→順天堂大
背番号リーグカップ天皇杯年間推定年俸
1992-(-)6(0)2(0)8(0)
199322(2)5(0)1(0)28(2)
199430(1)1(0)1(0)32(1)2500万円
199530(0)-(-)3(0)33(0)3000万円
19961(0)10(1)0(0)11(1)3200万円
19972011(0)5(0)0(0)16(0)2600万円
合計94(3)27(1)7(0)128(4)