内藤 就行Naito Naruyuki
選手
1990 本田技研
1992 鹿島アントラーズ
2000 FC東京
2001.8 アビスパ福岡
 
選手兼コーチ
2003 ヴォルカ鹿児島
 
コーチ
2005 サガン鳥栖
2009 モンテディオ山形

アントラーズ史上最高のユーティリティープレーヤーだ。フォワードとしてプレーを始めたが、右サイドバックに転向。96年には堅実な守備と元FWの特性を生かしたオーバーラップでリーグ優勝に大きな力となった。97年に名良橋が入団すると右サイドバックのポジションを失ったが、持ち前の柔軟さでボランチ、攻撃的MFをこなし、けが人の穴を埋めたり、試合の流れを変える難しい役割を見事にこなした。97年前後のアントラーズの黄金期は彼のユーティリティーさを抜きにしてはあり得ない。03年のヴォルカ鹿児島へは選手兼コーチとして鹿児島県サッカー協会などが支援するスポーツクラブ「SPONET鹿児島」の専属スタッフとして派遣。04年シーズン前にはヴォルカを退団。5月にサガン鳥栖の下部組織の指導者に。05年にはトップチームのコーチに昇格。
ポジションMF:ユーティリティ
生年月日(年齢)1967年11月09日(50)
身長・体重178cm・72kg
血液型O型
利き足/スパイク右/Mizuno
出身地奈良県奈良市
出身校大淀高→中京大
尊敬する選手ジーコ
背番号リーグカップ天皇杯年間推定年俸
1992-(-)6(0)2(1)8(1)
19934(0)0(0)0(0)4(0)
199415(1)0(0)1(0)16(1)1000万円
199532(0)-(-)4(1)36(1)1500万円
199630(1)9(0)3(0)42(1)2800万円
1997520(0)11(0)1(0)32(0)3500万円
1998528(1)5(1)4(0)37(2)3500万円
1999519(0)3(0)0(0)22(0)3500万円
合計148(3)34(1)15(2)197(6)