手倉森 誠Teguramori Makoto
選手
1986 住友金属
1992 鹿島アントラーズ
1993 NEC山形
 
監督
2008 ベガルタ仙台
 
ヘッドコーチ
2002 大分トリニータ
2007 ベガルタ仙台
 
コーチ
1996 モンテディオ山形
2004 ベガルタ仙台
 
フィジコ
2001 大分トリニータ

代表歴
ワールドユース:85予

スルーパスとフリーキックを得意としていたMFであったが、アントラーズには92年のみの在籍。85年のワールドユース代表では黒崎、磯貝、中山、井原らと(おそらく予選を)戦った。93年にNEC山形(96年よりモンテディオ山形に改名)に移籍。95年に腰痛のため引退。その後は山形のコーチに就任。2001年シーズンからは大分トリニータのフィジコ、2002年はヘッドコーチに就任している。山形コーチ時代にはジーコとのコネを生かしてマルキーニョ(新潟、水戸等)、シジクレイ(神戸、G大阪等)の獲得に尽力した経緯も持つ。手倉森浩の双子の兄。04年にベガルタのコーチに就任、ヘッドコーチを経て08年に監督に就任した。
ポジションMF
生年月日(年齢)1967年11月14日(50)
身長・体重172cm・74kg
血液型A型
出身地青森県
出身校五戸高
背番号リーグカップ天皇杯年間推定年俸
1992-(-)-(-)-(-)0(0)
合計0(0)0(0)0(0)0(0)