ゼ・マリオJose Mario De Almeyda Bajos
選手
1970 ボン・スセッソ(ブラジル)
1972 CRフラメンゴ(ブラジル)
1975 フルミネンセ(ブラジル)
1976 バスコ・ダ・ガマ(ブラジル)
1980 ポルトゲーザ・デ・デスポルトス(ブラジル)
 
監督
1986 イラクユース代表
1987 ゴイアスEC(ブラジル)
1988 アル・アイン(UAE)
1991 ゴイアスEC(ブラジル)
1992 アル・アラブ(カタール)
1993 アル・リヤド(サウジアラビア)
1995 サウジアラビア代表
1995 アル・リヤド(サウジアラビア)
1997 アル・サド(カタール)
1998 カタール代表
1998.8 鹿島アントラーズ
 インテルナショナル(ブラジル)
2005.7 フィゲイレンセ(ブラジル)

監督としては西アジアの国を中心に活躍。ジョアンカルロス監督辞任を受け、ジーコが後任として召集。98年後半からの指揮だったが、いきなりチームをステージ優勝に導き、チャンピオンシップを初制覇。翌年のスーパーカップも制覇した。しかし、リーグ戦、アジアカップウィーナーズカップともに調子が出ず、リーグ戦ではチーム史上最大の汚点とも言える1stステージを負け越した。2ndステージも続いて指揮したものの、チームは4連敗を喫し、フロントはゼ・マリオ監督の更迭を決めた。あまりにも激しすぎるフィジカルトレーニングがチームに多くの故障者をもたらした原因と思われる。サウジアラビアのクラブを4年程指揮した後、2005年7月にフィゲイレンセの監督に就任するも、わずか一月あまりで解任。
ポジション監督
生年月日(年齢)1949年02月01日(69)
背番号リーグカップ天皇杯年間推定年俸
199817(-)-(-)-(-)17(0)
199918(-)-(-)-(-)18(0)5000万円
合計35(0)0(0)0(0)35(0)