98年リーグ戦アウェイ用ユニフォーム
使用年:98〜99
プロダクト:ennerre
10番:ビスマルク
アントラーズの4代目のユニフォーム。98年からJリーグでもエネーレのウェアの着用が可能になったのでリーグ、カップ共にエネーレを使用するようになった。このユニフォームで背番号10を背負ったのはビスマルク。デザインの意味するところは不明だが、ホームのデザインを臙脂(エンジ)の部分を白に、灰色の部分を青に変えただけの同じデザイン。色的には95年からのアウェーユニフォームの系列を踏んでいるように思える。また、始めて襟に丸首が選ばれた。98年にJリーグ年間優勝を納めたため、99年は肩にJの文字のヤタガラスが付いている。